長久手市シニアクラブ連合会

  
   地区単位シニアクラブ

  
  丁子田SCのホームページ
  シニアクラブ規約
   長久手市シニアクラブ
      連合会規約

  地区単位シニアクラブ
   地区単位シニアクラブ

シニアクラブのご紹介


浅井会長ご挨拶


浅井会長 これまで半世紀にわたって活動を続けてきた長久手シニアクラブ連合会
(愛称;長久手はつらつ会)では、一昨年に50周年の創立記念式典を開催し、
また昨年は50周年記念碑を建立して、これまでの諸先輩のご労苦に想いを
馳せるとともに、将来への希望を新たにしたところであります。

 シニアクラブの運営は、国や県連合会の指導に沿うことは勿論ですが、
私たち自身の喫緊の課題は、何といっても健康の維持にあることは論を
待ちません。
"健康寿命を延ばすために シニアクラブがある"
こんなことをテーマに当シニアクラブ連合会では、各単位クラブ活動への
            波及を目指して、各種の活動を展開しています。

 その一つが『グラウンドゴルフ』。参加者が年々増化傾向にある4大大会を継続的に開催し、
健康づくり、友達作りにつなげていきたいと思っています。
 その二『歩け歩け運動』。連合会活動としては歴史は新しいが、運動後の懇談カフェの実施とあわせ、
健康づくり、会員の輪づくりのため、引き続き発展的に継続していきます。
 次に『クロリティ―』。天候に左右されず、体力に応じて投輪できるという手軽な利便性が
新スポーツとして期待されています。
 その他にも、会員の心の健康にも十分に留意するよう、趣味の作品展、囲碁将棋大会、
一泊親睦旅行などの文化面の活動も継続して力を入れてまいります。

 高齢の皆さまに、より多くの活動に参加していただけるよう実施方法などには一層の工夫を
重ねてまいります。
人が集まれば、思わぬ良い出会いがあるかも。皆さま奮ってご参加をお待ちしています。

本会所属の各地区のシニアクラブの運営の標準化に努めます!!


 本会では、これまで地区シニアクラブの運営について、連合会としての標準的な考え方を
持っていませんでしたが、この度、今後の規約改正時等の参考となるよう、運営の基本事項についての
考え方を例文として取りまとめました。
 これからの規約改正等の参考にしてまいりますので、よろしくご協力を賜りますようお願い
いたします。
例文はこちらから参照ください ⇒規約例文

各地区シニアクラブ活動の重点的取り組みに努めます。


 この度、本会では、新規活動の取り組みなどの参考にするため、クラブ活動のあるべき方向を定め
重点的な取り組みを進めることにしました。
 以下の方向を踏まえて今後の活動を進めてまいりますので、よろしくご協力をいただきますよう
お願いいたします。

地区シニアクラブ活動推奨項目

1 健康・スポーツの推進
  ・グラウンドゴルフ ・クロリテイ ・歩け歩け運動 ・いきいき倶楽部活動 ・その他講習会等

2 安全活動の推進

  @地域の安全
  ・地域の交通安全 ・地域の防犯活動等

  A生活の安全
  ・自身の安全(交通等)確保 ・消費者トラブル防止等

  B子供の安全
  ・子供の登校 ・子供の下校 ・子供の見守り等

3 社会貢献活動の推進
  ・地域交流 ・清掃 ・学校行事 ・祭礼参加等 

長久手市シニアクラブ連合会の『愛称』『ロゴ』『会訓』を制定しました。


シニアクラブの活動を、地域の皆さまにより身近なものとしてご理解がいただけるよう、
クラブのイメージアップの向上を目指して定めました。
今後のクラブ活動や会員の増強活動の推進に少しでも寄与できるよう、積極的にこれらの周知を
図ってまいります。
関係の皆さま方には、ご理解、ご支援をいただきますようお願いいたします。

1.愛称を「長久手はつらつ会」と定めました。
  地域の皆さまに少しでも親近感を持っていただけるよう、公募による多くの応募の中から、
  愛称を『長久手はつらつ会』と定めました。
  愛称を折に触れ活用してまいります。ご理解、ご協力をお願いします。

2.ロゴマークを制定しました。
  クラブのイメージの向上とその定着のため、平成28年8月にロゴマークを制定しました。
  皆さまにも身近なものとして、可愛がって頂けると幸いです。

【長久手はつらつ会のロゴマーク】
  長久手はつらつ会のロゴマーク


長久手市シニアクラブ ロゴ

(愛称)長久手はつらつ会

≪ロゴマーク制定にかけた想い≫
  ・基本的考え方:何より人が大事
  ・人     :円満に支えあう生き方を表現
  ・社会    :節度、繋がり、支えあいを表現
  ・健康ではつらつとした色
         :黄色と緑 5〜6月燃え盛る植物をイメージ

3.会訓を定めました。
  私たちの健康長寿を願い、「はつらつシニアライフ」を実現するために、会訓を定め活動に当たっての
  考え方の拠りどころとしてまいります。

                ≪会 訓≫
  はつらつかい

組織図(平成30年度)


 会 長―――副会長(総務委員会担当)――理 事(各単位クラブ会長19名)
 (浅井一志) (菊池利彦)
       副会長(スポーツ委員会担当)
        (岡 卓美)
       副会長(文化委員会担当)
        (澤口和訓)
       会 計 
        (青山和人)
       監 事
        (青山浩吉)
       監 事
        (松原昭彦)
       事務局

会員数(平成30年5月現在)


長久手市におけるシニアクラブの会員数は、次のとおりです。
本会においても、他の多くのクラブ同様、会員数の伸び悩みが見られるので、新規加入の推進に
重点的に取り組んでいます。

 〇会員総数(長久手市全体)      1,442人

 ○男女別会員数       男性―――――584人
               女性―――――858人

 〇年齢別会員数: 60歳〜64歳――――― 17人
          65歳〜69歳―――――127人 
          70歳〜74歳―――――275人
          75歳〜79歳―――――399人
          80歳以上  ―――――624人


◇長久手市シニアクラブ連合会◇長久手はつらつ会◇はつらつシニア長久手◇はつらつシニアライフ◇
inserted by FC2 system